好きこそものの上手なれ!を息子から教わった日々

現在17歳の息子がスイミングを習い始めたのは、オムツが取れた2歳半の頃でした。

当時、私は父親の介護をしており、息子は休日に夫が公園に連れて行ってくれて思い切り体を動かしていました。

平日は、私が連れて行けなかった為、体力を持て余していてなかなか寝ないなど悩みも多かったです。

また、すぐに風邪をこじら背て中耳炎になっていました。

息子との時間をたくさん持てず罪悪感を覚えていた私でしたが、ある休日、夫と息子から遊んで帰ってきて「スイミングに入りたいって言うんだけど体験させてみてもいいかな?」と言われた日のことを、今でも鮮明に覚えています。

息子は、夫と手を繋ぎながら歩いていて、スイミングの前の大きな看板を指差し「やりたい!」と動かなかったそうです。

それが、セントラルスイミングでした。

私は、2歳半の子供が気まぐれに言いだしたことだろうと思い、体験なら気楽にできるかもと、すぐにオッケーしました。

 
そして、初めての体験の日、夫婦でビデオを構えながら見学しましたが、あの時の息子の楽しそうな顔、水を怖がらずに潜ったり、私たちに向かって笑顔で手を振っていたことは、感動をもらいました。

セントラルは、週に2回通うことになり、介護とやりくりしながらも、私にとって最高のリフレッシュとなっていたぐらい息子野生き生きとした姿を見ることで満たされました。

月謝は、7000円ぐらいでした。

とにかく、セントラルが大好きで、コーチや友達との関係も良く、心身共に成長させてもらえたと思います。

 
好きな気持ちは、家でも表れていて、月に1度あるテストに向けて、ソファーなどで猛練習をしていました。

セントラルは、合格するとカードが入っている袋の中にバッヂが入っていて、コーチから返されます。

見学している親たちは、子供たちの表情からすぐに結果が分かるので、泣いてる子供を抱きしめたり、喜んでいる子供とハイタッチしたり、更衣室では毎回様々な親子を見ました。

私と息子も同じで、悔し泣きを見たのも、体いっぱいで喜ぶ息子を抱きしめたのも、このセントラルが初めてでした。

合格した日には、帰り道にガチャポンを一回するのが約束でした。

頑張ってもなかなか合格しなかった時には、ガチャポンをさせてあげたい葛藤もありましたが、きちんと約束を守る様にしていました。

結局、息子は好きなスイミングを、ずっと好きなまま成長し、選手として続けています。

息子に関しては、辞めたいと言ったことがなく、スイミングを始めて良かったことしかありません。

冬のスキーや夏のキャンプなど、イベントも楽しく参加しており、水泳以外でも楽しい思い出がたくさんあります。

幼い頃に、風邪ばかり引いていた息子が、スイミングに入ってからはほとんど体調を崩さなくなったことや、よく食べよく寝る様になったこと、たくさんの友達ができたことは、本当に良かったと思っています。

選んでよかったティップネス スイミングスクール

娘は4月から小学校1年生になります。

4歳の頃より、ティップネスのスイミングスクールに週1回通っています。

スイミングを開始したきっかけは髪の毛を洗うたびに泣き叫ぶほどに水を怖がっていたこと、身体機能が上がっていくと言われる小さいうちから運動系の習い事をさせたかったことです。

ダンス、体操、バレーと悩みましたが、ティップネスのスイミングスクールでは、体育の教室と合わせて、セットで習えるコースがあるため、そちらを選びました。

また、体験をした時に、水を怖がっていた娘が楽しみ、またやりたいと言っていたことも決め手でした。

ティップネスの月謝は体育と合わせて税抜9500円、それぞれ週1回ずつです。

スイミングだけだと、税抜6500円です。

月に1回、進級テストがあります。

娘の場合、最初はすごく楽しんでいき、進級もスムーズでしたが、顔をつけて浮くような練習になっていくと、恐怖心が勝ち、スイミングを嫌がるようになりました。

何回も進級テストにも落ちましたが、コーチも何度も励ましてくださり、なんとか本人のやる気を維持させながら克服しました。

現在は黄色1級になりますが、次はビート版を外して練習するため、また試練になるかなと思っています。

それでも、怖がりの娘のペースややる気のスイッチを見ながら、丁寧に優しく励ましながら教えてくれるので、時間はかかっても克服してくれるかなと思っています。

スイミングを習って良かったと思うのは体力がついたこと、水への恐怖心が少なくなったこと、人の話を聞いてそれを行動にうつせるように少しずつなってきていることが大きいです。

怖がりで落ち着きがなく、人の話を聞かなかった娘ですが、かなり成長したと思います。

本人はビート板が外れるのが怖く、そろそろ辞めたいと時々言っていますが、参加すると楽しい様子なので、親としてはクロールができるまでは頑張って欲しいなと思っています。

これからスイミングを始める方、水が怖い子も子供のうちから行くと好奇心からすぐに慣れると思います。

水の中だと体が思うように動かなかったり、苦しかったりして、子供の心が折れそうになることもあると思いますが、恐怖心を克服したり、できなかったことができるようになったりすると自信に繋がると思うので、親としても試練だと思ってイライラせずに見守って勇気づけて応援してあげれたらいいなと思います。

耳やリズム感がよくなるように、音楽教室に通わせています。

26歳の時に長女を出産しました。

普段おかあさんといっしょなどを見ていて、歌ったり踊ったりするのが好きそうだったので、1歳になったころにリトミック教室を探しました。

音楽教室といえばヤマハかカワイだろうなと思い、当時住んでいた場所にどちらも教室があったので2つとも体験に行きました。

まだ1歳ということもあり、体験ではあまり興味を示さなかったものの、私としてはヤマハよりカワイの方がいいと思いました。

ヤマハはほとんどCDで踊ったりするのに対し、カワイは先生が2人体制なので、すべてピアノ伴奏で行うというのが魅力的でした。

その分月謝も高いです。

月8千円くらい、教材費も学年によって変わりますが年8千円前後です。

幼稚園に入るようになると少し負担に感じます。

結局その後引越しもあり、2人めの妊娠もわかったため、長女が2歳になったころにカワイの音楽教室に入りました。

自分自身がピアノを長く習っていたこともあり、娘にも弾けるようになって欲しいし、小さい頃から始めたほうが耳や音感、リズム感もよくなるだろうと思ったからです。

2歳クラスまでは親子参加で、鈴など楽器を使って歌ったり踊ったりの他に、折り紙やクレヨンを使って簡単な工作をしたりもします。

3歳クラスになると、オルガンレッスンも始まり、5本の指をきちんと動かしてきらきらぼしやチューリップ程度は弾けるようになりました。

木琴や太鼓などを使って合奏をしたり、年に1回発表会もあります。

いろんな経験ができるのは大手ならではだと思います。

娘は嫌がることもなく、毎回楽しんで通っています。

小さい頃から続けたせいか、歌はうまく、耳も良いようでまだまだ弾けないような、ディズニーのCDなどを聞いても、「この歌はミから始まるね!」などと言ってくるようになりました。

発表会も経験するので、舞台慣れしてくるようで、幼稚園の行事でも自信を持ってできるようです。

このままピアノまで続けて、耳がいいのを活かして、次は英語を習わせたいなと思います。

小さいうちの習い事は、お友達や先生との相性が大きいと思うので、まずは体験に行くことをお勧めします。

スイミングスクールで心身が鍛えられました

長男が生まれたのは父30歳、母23歳のときのことでした。

長男は5歳の時から幼稚園に通わせていましたが、幼稚園のカリキュラムには水泳指導が含まれていました。

水泳指導は週1回、市内にあるスイミングスクールで行われました。

長男はこの水泳指導の時間がとても楽しかったようで、幼稚の時間だけでは物足りなくなっていた様子でした。

幼稚園入園から半年ほどたった頃、長男から「水泳を習ってみたい」と言われました。

近所のお友達にはピアノ、書道、公文、学研などに通っている子がいましたが、長男は体を動かすことが大好きだったので、スイミングスクールに通わせるのも悪くないと思いました。

スイミングを習い事として選んだのは、本人が興味を持っていたこと以外にも理由がありました。

それは水泳を行うことで泳げるようになるのはもちろんのこと、肉体的にも精神的にも成長することが期待できたからです。

スイミングスクールでは級ごとにクラスが設けられていて、より高いレベルのレッスンを受けたい場合は進級テストに合格する必要があります。

それまで長男には目標のために努力をするという経験が乏しかったので、スイミングスクールへ通うことは良い機会になると考え受講することを決めました。

実際にスイミングスクールへ通い始めると、長男には前向きな行動が見られるようになりました。

例えば先に入会していた友達と同じ級になりたいために自主練習に参加したり、私たちにアドバイスを求めるようになりました。

また私たち両親もこれまで遊びでしか見られなかった何かに夢中になる長男の姿を、スイミングに取り組むことで目にするようになり頼もしく思ったりもしました。

習い事には月謝が必要となりますが、通っていたスイミングスクールは月々の金額が7,000円でした。

ただ進級テストに合格すると、新しい級の帽子やワッペンを購入する必要があるためさらに3,000円の出費が必要となりました。

それ以外に送迎バスを利用していたので月に1,200円のバス代を支払っていました。

そのため毎月の料金は1万円を超えてしまうこともありますが、他に習い事をしていなかったので、家計への影響は少ないものでした。

長男をスイミングスクールへ通わせたことは、本人にとって良い経験となったようです。

私たち両親よりも長い距離を泳げるようになりましたし、何よりプラスになったのは目標に向かって努力することの大切さと、結果が伴ったときの達成感を味わえたことでした。

ただ長男がスイミングを始めてから気になったのは、体調を崩しやすくなったことでした。

長男はよく風邪を引いたり中耳炎になったりして、病院へかかっていました。

考えられるのはプールで雑菌をもらってきたか、レッスンがハードだったからかなのですが、子どもが小さいうちは体調管理をしっかり行うことが大切だと思いました。

またレッスンの終了時間とバスの送迎時刻が合わないために、無駄な待ち時間が生じてしまうこともありました。

長男もそのことを不満に思っていたので、よく確認しておくべきだと思いました。

これから習い事としてスイミングを始めることを検討されている方は、これらの点にも注意してスクール選びをして下さい。