本人の興味のあること、習いたいことが親にとっても満足のいく幼児教育

私は35歳で一人目の子供(男の子)を出産しました。育児に追われる日々が続き、気が付けば子供が1歳半になっていました。
周りの子供が少しずつおしゃべりを始めましたが、うちの子供は言葉が遅く、なかなかおしゃべりをする気配がなかったので寝る前に本を読んであげようと思い、絵本の宅配サービスを始めました。月に1度お勧めの絵本が届くといったサービスでしたが、よく考えたら図書館に行けば簡単に借りることができるし、本屋さんに子供と行って好きな本を選んだほうが楽しいので、3か月で辞めてしまいました。そして友達がベネッセを受講しており、素晴らしい教材が届いてお勧めだということで、こどもちゃれんじを始めました。1回2000円程度の教材で本やおもちゃが付いてきて、何よりも子供がしまじろうのことを気に入って楽しく受講してくれました。これをきっかけに、少しずつおしゃべりができるようになり、言葉も増えてきました。また親向けの本がついて役に立つし、はさみの使い方、ひらがなの読み書き、お箸の使い方などいつ、どのように教えてあげたらいいか分からなかったことが、特集で組まれていて最適な時期に教えてあげることができることがとても有り難いです。
そして3歳になったとき、男の子ということでスポーツをさせたいと思い始めました。ちょうどサッカークラスを幼稚園で勧められ、友達もたくさん通っているということでサッカーを始めました。月4000円という比較的格安だったということも決め手です。まだ3歳なのでサッカーの技術というより、走って楽しんだり、礼儀を教えてもらうというほうが主ですが、何よりも本人がとても楽しみにしているので、私も満足しています。
一人目の子供ということで、期待が大きく、色々な習い事をさせてあげたいという気持ちになってしまいます。そこで英語の体験に行ったときは歌ったり踊ったりする雰囲気に子供が入っていけなかったし、絶対音感をつけてほしいと思ってピアノの体験に行ったときは女の子が多くてなかなか入っていけなかったりしました。このように色々と試行錯誤しましたが、現在のこどもちゃれんじとサッカーであれば本人も楽しんでいるし、私も満足しています。幼児期にできる限りたくさんのことをやらせたい気持ちはありますが、1つか2つに絞ってやらせる方が経済的にも余裕ができ、余ったお金で遊びに連れていってあげたり、好きなおもちゃや本を買ってあげたりした方が、子供にとっても楽しいと思います。