テレビCMや当時放送していたアニメしまじろうにとても興味を示した娘への教育

私が24歳の時に第一子の娘を授かりました。

習い事と言うよりはまず興味を示した事を初めてみようと思い、大好きな幼児番組のしまじろうにあやかってBenesseを月々購買する事にしてみました。
強要する事はせず、興味を示さなくなったら脱会すればいいと軽い気持ちからの入会でした。

年齢や月数にあった教材のオモチャが届き、入会記念のしまじろうの人形は片時も話す事なく、最初は絵本には全く興味を示さず私が読んで楽しんでいました。

毎月付録として付いてくるビデオには大助かりで、機嫌良く見ては一緒に踊ったり楽しそうでした。

年齢が上がるとトイレトレーニングやお友達との関わり方など、色んな事を学ばせてもらい、なかなか親が悩みの種としている事をビデオや絵本、付録にて楽しく学ぶ事ができました。

小学校に上がる時にはチャレンジ1年生となり、日常生活や学習などを学ぶにあたってやる気を損なう事なく赤ペン先生が一言コメントや正解の時の大きな花マル、間違えた問題の考え方など丁寧な添削と子供の年に合わせた会話コメントに大喜びで、月一の添削プリントも苦痛を感じる事なく進めていけました。

公文にも興味を示したのですが、両方とも本人が興味を示したので楽しく両立できた様です。

ただ、残念な事に小学3年生で病気を発症し長期入院となったため、泣く泣く公文は通う事ができずに辞めてしまいましたが、Benesseのチャレンジは通信教育と言う強みから自分の体調に合わせて教材ができ、大きな病院だったお陰で院内学級が設備されていたので遅れがちな学習がそのBenesseチャレンジで差が開く事なく着いていく事ができました。

いまは20歳の社会人なので習い事などは親は考えてませんが、資格を取るための通信教育のチラシをよく親子で拝見しております。

そちらもBenesseです。

今は時代の流れから通信機器タブレットなどの使用で尚且つ円滑な通信教育となってる様です。
小学校時代に遅れをとらずに済んだのは我が家はBenesseのおかげだと思っております。

色々、初めてのお子さんでしたら悩まれる親御さんは沢山いらっしゃいます。
もちろん私もその一人でした。

迷った時は子供が興味を示した事から始めてみるのはどうですか。
みんなやっているからうちの子にもではなく、みんなが同じではありません。
まず自分のお子さんをしっかり見てみる事から始めましょう。
きっとお子さんにピッタリな習い事が見つかるはずです。