就学前に出来る範囲の色々習得させたく、ベネッセとDWEを。

1人目の子供は私が27歳の時に出産した子で男の子です。

地方で住んでいるので幼稚園のお受験などはなかったです。

ただ教育はしっかりと受けさせたいと思っていました。

就学前までに読み書きや簡単な計算は覚えさせていた方が、すんなり小学生での授業を受けられると考えたので、通信教材を取っていました。

また、これからの時代は英語が必要だ考え、自宅で出来る英語教材を購入しました。

小さいころに耳で英語に触れさせる時間が長いほど良いと聞いたからです。

知育の通信教材はベネッセのしまじろう

様々な中から知育の通信教材はベネッセのしまじろう、英語は、90万円のディズニー英語システム(DWE)の教材を選びました(これは大失敗でした)。

二つともキャラクターを見慣れている事で、様々なサンプルを取り寄せた中、子供が一番反応が良かったからです。

ベネッセの通信教材は、その時期に合わせた成長段階でしまじろうが自然に見本を見せてくれます。

それに沿って子供が知識や、やり取りを身に着けていることが目に見えて分かりました。

DWEは2歳半ごろ購入しましたが、残念ながら5歳まで

ベネッセの教材は月々2千円弱と続けやすい価格で1歳から6歳まで続けました。

ひらがなやカタカナ、数字を覚えるのも早く、小学校でも遅れることなくすんなりと勉強に取り組めています。

DWEは2歳半ごろ購入しましたが、残念ながら5歳までしか続けられませんでした。

自宅で私が先生になるというのは無理だったようで、5歳からは英語教室に通っています。

DWEは教材費も高く、その後も月会費をずっと支払い続けないと壊れた時の保証がないため家計には厳しく、子供も初めのころより飽きてしまい見向きもしなくなったので手放しました。

でも、小さいころに聞いていた耳は生きていたようで英語教室に通ってからもすごく役に立っています。