スイミングスクールで心身が鍛えられました

長男が生まれたのは父30歳、母23歳のときのことでした。

長男は5歳の時から幼稚園に通わせていましたが、幼稚園のカリキュラムには水泳指導が含まれていました。
水泳指導は週1回、市内にあるスイミングスクールで行われました。
長男はこの水泳指導の時間がとても楽しかったようで、幼稚の時間だけでは物足りなくなっていた様子でした。

幼稚園入園から半年ほどたった頃、長男から「水泳を習ってみたい」と言われました。近所のお友達にはピアノ、書道、公文、学研などに通っている子がいましたが、長男は体を動かすことが大好きだったので、スイミングスクールに通わせるのも悪くないと思いました。

スイミングを習い事として選んだのは、本人が興味を持っていたこと以外にも理由がありました。
それは水泳を行うことで泳げるようになるのはもちろんのこと、肉体的にも精神的にも成長することが期待できたからです。

スイミングスクールでは級ごとにクラスが設けられていて、より高いレベルのレッスンを受けたい場合は進級テストに合格する必要があります。
それまで長男には目標のために努力をするという経験が乏しかったので、スイミングスクールへ通うことは良い機会になると考え受講することを決めました。

実際にスイミングスクールへ通い始めると、長男には前向きな行動が見られるようになりました。
例えば先に入会していた友達と同じ級になりたいために自主練習に参加したり、私たちにアドバイスを求めるようになりました。

また私たち両親もこれまで遊びでしか見られなかった何かに夢中になる長男の姿を、スイミングに取り組むことで目にするようになり頼もしく思ったりもしました。

習い事には月謝が必要となりますが、通っていたスイミングスクールは月々の金額が7,000円でした。
ただ進級テストに合格すると、新しい級の帽子やワッペンを購入する必要があるためさらに3,000円の出費が必要となりました。
それ以外に送迎バスを利用していたので月に1,200円のバス代を支払っていました。

そのため毎月の料金は1万円を超えてしまうこともありますが、他に習い事をしていなかったので、家計への影響は少ないものでした。

長男をスイミングスクールへ通わせたことは、本人にとって良い経験となったようです。
私たち両親よりも長い距離を泳げるようになりましたし、何よりプラスになったのは目標に向かって努力することの大切さと、結果が伴ったときの達成感を味わえたことでした。

ただ長男がスイミングを始めてから気になったのは、体調を崩しやすくなったことでした。

長男はよく風邪を引いたり中耳炎になったりして、病院へかかっていました。
考えられるのはプールで雑菌をもらってきたか、レッスンがハードだったからかなのですが、子どもが小さいうちは体調管理をしっかり行うことが大切だと思いました。

またレッスンの終了時間とバスの送迎時刻が合わないために、無駄な待ち時間が生じてしまうこともありました。
長男もそのことを不満に思っていたので、よく確認しておくべきだと思いました。

これから習い事としてスイミングを始めることを検討されている方は、これらの点にも注意してスクール選びをして下さい。